ガンダム好き、ファースト世代の出戻り親父モデラーがガンプラをはじめとするプラモデルを製作しています。

  ホーム >> 模型関連ブログ新着記事 >> バルバトス ルプス レクス 脚の工作

模型関連ブログ新着記事

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link ガンプラ好きなお父さん ガンプラ好きなお父さん (2019/06/24 0:01:53)

feed バルバトス ルプス レクス 脚の工作 (2018/12/09 21:09:58)
こんばんは〜。

寒さも本格化して寒くなりましたね。
そんな寒さの中、今週末は実に充実の時間を過ごしました。

まず土曜は久しぶりに大須 つくろーぜ会 に参加。
現在作っているバルバトスの工作を進めました。

それから、日曜の本日はガンダムNTを見てきました。
流石に、劇場でガンダムの新作を見るというのはテンションが上がります。
barbatos lupus rex 181209s28

そんなテンションが上がった状態でブログを書いてます。
早速、バルバトスの工作です。
barbatos lupus rex 181204s01
前回は足首までの工作が終了。
今回はスネから上の工作です。

まずは毎度のヤスリ掛けです。ご覧の通り、サイドの
凸モールドは削り落としました。

barbatos lupus rex 181204s02
使ったヤスリはヤスリスティックの240です。
割と簡単に削り落とすことが出来ました。

最近は工作のせいか、番号の小さいヤスリが重宝します。

barbatos lupus rex 181205s04
整面が終わったら次はタガネで彫り直し。
これも毎度の工作。

barbatos lupus rex 181205s07
使ったタガネは0.15、0.3、0.5です。
モールドがクッキリして良いですね。
実は今回からこの工程を少し変えまして・・・。
今までは彫りっぱなしでしたが、今回からは彫った部分を
少し面取りするつもりで0.5のタガネでなぞってみました。

barbatos lupus rex 181206s09
次に膝のダクトです。
ここもタガネで彫り直ししました。
この部分はモールドのみではただの段差にしか見えませんので
その段差部分を少し深く彫って立体的に見えるように面取りをしてみました。

初めてやってみたので仕上がりが汚いですね・・・。笑
きれいに彫れるようになるにはもっと練習するしかないです。

barbatos lupus rex 181206s10
スネのパーツに合わせるとこんな感じです。
流石に立体的には見えませんが・・・やった効果は感じられます。
十分ですね。笑

barbatos-lupus-rex-181208s21a.jpg
ここからはふくらはぎのパーツ。つくろーぜ会で工作しました。
サイド面に中途半端なモールドがあったのでヤスリで削り落としました。
それから、サイド断面部分もモールドがありましたが、
ヤスリを掛けたら無くなりました・・。
この部分は残すつもりでしたが・・仕方ないですね。

barbatos-lupus-rex-181208s25a.jpg
左上が使用したタガネの画像です。
右上が太もものパーツ。モールドをタガネで彫り直しています。
左下が足の外装終了。

今回フレーム部分は基本的にヤスリ掛けをしないつもりです。
あまり見えないし、ヤスリ掛けしてもあまり綺麗にならないですから。笑


そんな訳で今日はおしまい。








それでは、また〜。m(__ __)m












execution time : 0.104 sec