ガンダム好き、ファースト世代の出戻り親父モデラーがガンプラをはじめとするプラモデルを製作しています。

  ホーム >> 模型関連ブログ新着記事 >> ガンダムマーク3 モールドの彫り直し2

模型関連ブログ新着記事

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link ガンプラ好きなお父さん ガンプラ好きなお父さん (2018/09/24 8:31:35)

feed ガンダムマーク3 モールドの彫り直し2 (2018/07/08 20:52:20)
こんばんは〜。

今週はいろいろありまして、予定が狂い・・・
とにかく模型の時間が取れませんでした。

この週末もマーク3はほぼ手付かず・・。
とにかく雨が凄かったです。
そんな一週間でした。

mk-3_180624s11.jpg
それでも、撮りためた画像で工作記を進めます!
マーク3は今こんな感じです。

mk-3_180624s08.jpg
取りあえず、タガネを使ったモールドの彫り直しです。
胴体はモールドも多くて彫り直しも時間が掛かります。

胸のダクトは別パーツに見えるように太めのタガネで
深く彫りましたが、塗装で塗り分けするなら
切り離しても良いかもしれないですね。

mk-3_180624s07.jpg
首回りは少々立体感にかけるので
後からプラバンを張り付けたりすると思います。

それから、サイドの関節周りもプラバンを貼ったり
したいと思っています。

mk-3_180624s12.jpg
こうして工作が進んでくるとモチベが上がります。
以前も書きましたが、アンテナがちょっと気になりますね。
もう少しヘルメットに寄せる方向で角度調整しようと思います。

mk-3_180624s14.jpg
それから腕です。
肩のパーツはすでに彫り直しを進めていましたが・・・
今回はいつもより手間を掛けてみました。

mk-3_180624s16a.jpg
まずはオレンジのライン部分の彫り直しです。
いつもは0.15のタガネで彫り直しますが、
今回はそこからさらに0.3のタガネで彫りました。

線を太くすることで別パーツ感を出せないか・・
やってみました。
個人的にはこちらの方がカッコイイと思っています。

mk-3_180624s17a.jpg
それから、いつもなら絶対にスルーする部分。
台形のスラスター?見たいな凹モールド。
今回は深く彫り直してみました。
分かり難いですが、左が彫り直した方です。

mk-3_180624s19a.jpg
タガネの使い方が下手なせいで汚いですが・・。
こちらの画像は右側が彫り直した方ですね。

左の画像のように初めは0.15でモールドのフチを
深めに彫っていき、
つぎに1.0のタガネで少しずつ掘り進めました。
気が済むまで掘り進んだら、最後にもう一度
0.15のタガネでフチを彫っています。

上手く彫るにはまだまだ修行が足りませんが、
少しタガネの使い方が理解できたと思います。

こうやって下手なりにタガネという道具を
使い込んでいくと工作自体も楽しくなります。

工作が上手く出来ればなおさらですね。
この工作中はすごく集中できて楽しかったです。

次はもっと上手く彫れるように頑張ります。







それでは、また〜。m(__ __)m













execution time : 0.161 sec