ガンダム好き、ファースト世代の出戻り親父モデラーがガンプラをはじめとするプラモデルを製作しています。

  ホーム >> 模型関連ブログ新着記事 >> ガンダムマーク3 モールド彫り直し

模型関連ブログ新着記事

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link ガンプラ好きなお父さん ガンプラ好きなお父さん (2018/11/20 18:46:21)

feed ガンダムマーク3 モールド彫り直し (2018/07/01 21:21:15)
こんばんは〜。

最近、家の家電が壊れます。
今年に入って洗濯機が壊れ、今週はテレビが映らなくなりました。(笑)
使い始めてから15年ぐらいは経つでしょうか。
長い時間よく頑張ってくれた方ですね。
感謝しつつ、仕方がないので買い替えを検討します。

では、今週のマーク3制作記です。
mk-3_180617s02.jpg
今週は後回しにしていたタガネでのモールド彫り直しです。
今回使ったタガネはご覧の通り。

僕の場合、彫り直しでよく使うのは
0.15、0.3、0.5、0.8あたりでしょうか。

一応、使う使わないは別として
0.1ミリから1.0ミリまでと1.2、1.5、2.0、3.0と持ってます。

mk-3_180617s03.jpg
実際はこんな感じです。
画像の右が彫ったもの、左が何もしていない状態です。
塗装をすると、その違いはさらに分かりやすくなります。

mk-3_180617s04.jpg
太ももの後ろ側も同様に右が彫った状態。
いつもは入隅線に0.15で彫り直しをしますが、
今回は別パーツ感を出すために太めの0.3で
彫ってみました。

mk-3_180617s01.jpg
関節もモールドに合わせて彫り直し。
大きめの凹モールドはもっとシャープに
彫れるようになりたいです・・・。

mk-3_180617s05.jpg mk-3_180617s07.jpg
足の彫り直し完了です。
これで次は捨てサフですね。

それから腰です。
mk-3_180624s03.jpg
腰も彫り直しました。
センターの部分はダクトの工作をしたくなりますが
ちょっと難しそうなので今回は断念します。

mk-3_180624s05.jpg
後ろ側も特に書くことはありませんが、一応画像だけ。

mk-3_180624s04.jpg
サイドアーマーはスラスターらしきモールドを
くり抜いて作り直しました。

mk-3_180624s02.jpg
元のパーツをなるべくキレイにくり抜きまして・・。
パーツの裏側からプラバンで下地をつくり、
ウェーブさんの角バーニアを張り付けました。

mk-3_180624s01.jpg
パーツをキレイにくり抜くって難しいですね。
僕の工作手順は以下の通りです。
・パーツにピンバイスで1ミリの穴を3×3で穴あけ。
・デザインナイフで穴を拡大しつつ、ざっくり四角に整形。
・金属ヤスリ半丸と三角でさらに整形。
・細切りの0.5ミリプラバンに400番のペーパーを貼ったヤスリで整形。
こんな感じです。

キレイに整形するには小さい穴をチマチマと削るより、
パーツをカットするなりして整形しやすくすると言いますか、
遠回りした方が良さそうです。

次は遠回りしてみようと思います。










それでは、また〜。m(__ __)m













execution time : 0.154 sec