ガンダム好き、ファースト世代の出戻り親父モデラーがガンプラをはじめとするプラモデルを製作しています。

  ホーム >> 模型関連ブログ新着記事 >> ガンプラ入門(その1

模型関連ブログ新着記事

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link G−MAX G−MAX (2018/07/11 7:54:15)

feed ガンプラ入門(その1 (2018/06/20 23:45:00)
つーワケで、
今からガンプラを作ってみたい。
買ってみたけど、どうやって作っていいのかわからない。

そんな、正真正銘、ガンプラをちゃんと作ってみたい初心者向けのガンプラ講座を始めます。
(個人的にはガンプラ入門書に詳しく書いてあるだろうから、そっちを買って読んで欲しいんだけどw



regunb001.jpg
用意する道具はこれだけ!

ニッパーはなるべく高いものを買いましょう!100均ニッパーは切れません。
高ければ高いほど模型製作がはかどりますよ。

デザインナイフは模型売場か量販店で購入出来ます。
(※このデザインナイフは拳王さんオリジナルで非売品ですw)





regunb002_20180620230603b04.jpg
まずはニッパーでゲートを少し残して切り出します。



regunb003_201806202306025e8.jpg

これは、エアブラシ塗装前提の作業です。
ガンプラ初心者が初めてのエアブラシ塗装を行う為の下準備です。

パチ組みシール貼りで満足出来る人はこんな事しなくて大丈夫です。



regunb004_20180620230604bcc.jpg

二度目の切断。
これを模型用語で『二度切り』といいます。



regunb005_20180620230605967.jpg

二度切りする理由は、パーツに負荷をかけない為。
ゲート跡が白くなったり、針で付いたようなピンホールが発生しないようにする為です。



regunb006.jpg

ここでデザインナイフ登場。



regunb007.jpg

デザインナイフで慎重に切り出すとこんな風に仕上がります。
でも、触るとちょこーっとだけゲート跡が残ってるのがわかります。


※ちなみに、ゴッドハンドのアルティメットニッパーをもし持ってたら、今までの作業は二度切りだけでOKです。
 ここまでのデザインナイフ加工は必要ありません。
 それだけアルティメットニッパーは違います!



regunb008.jpg

そこでかんながけ。
パーツに対して刃を立てて、ゲート跡だけを狙って、かんなを掛けるようにシャッシャッと矢印の方向にゲートをそいでいきます。
必ず矢印の方向にだけかけます。
往復してはダメです。



regunb009.jpg

これでゲート処理完了。
ゲート処理にヤスリなんて要りません。










regunb010.jpg
続いてパーティングラインの処理。

こういう、1パーツだけで成り立ってるパーツには大抵こういうラインが入ってます。
武器や握り拳のパーツには必ずと言っていいほど入ってるので、これを消していきます。



regunb011.jpg

ゲート処理とは違って、面全体に施す時は、シャッシャッじゃなくて、シャーッシャーッという感じでかんながけします。
これで終わりです。



regunb0012.jpg

もし慣れないデザインナイフのかんながけが不安だったら、かんながけの後、ヤスリがけしてみましょう。

セリアに100円(税抜き)で大量のヤスリスティックが購入出来ます。
600番と書いてあるけど、400番な気がするw



regunb0013.jpg
かんながけした跡をヤスって終了。




これだけです。これを全パーツにやれば塗装準備完了。
全面ヤスったりする事ありません。




筆塗り、缶スプレー、エアブラシ、ガンプラを誰でも簡単に一番綺麗に塗装出来るのは、エアブラシです。
筆塗りは以前 グレイズ を使って記事を書いてるので、そちらを参考にして下さい。

缶スプレー塗装は俺が教えて欲しいくらいだわw



とゆー訳で、次回は、エアブラシ塗装をしてみます。サフは必要ありません。

僕が提唱するガンプラ入門は、初心者でも簡単に満足出来るガンプラを完成させる事を目標としていますので、
余計な工程は全部除外します。


execution time : 0.176 sec