ガンダム好き、ファースト世代の出戻り親父モデラーがガンプラをはじめとするプラモデルを製作しています。

  ホーム >> 模型関連ブログ新着記事 >> HGBFビルドストライクギャラクシーコスモス(1)

模型関連ブログ新着記事

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link 坊やだからさ・・・であります! 坊やだからさ・・・であります! (2018/06/22 9:56:32)

feed HGBFビルドストライクギャラクシーコスモス(1) (2018/03/03 8:08:57)
どぉもぉ(^-^)ノ

今回から、先日発売されたばかりの新製品、

HGBFビルドストライクギャラクシーコスモスをパチりますよ〜♪
バトローグ第5話で、セイ君のビルドストライク系の集大成として登場したガンプラです。

箱絵は大張正己氏が描き起こしたそうで、正面顔がストライクっぽくないんでが、まぁ気にせず行きましょう(え)

キットはざっくり言うと、過去のビルドストライク系からブースターのパーツを省いて、ギャラクシーブースターをはじめとした新規パーツが追加された構成です。

いつもどおり、まずは下半身から。

スネの外側部分がクリアパーツを含めて新規になってます。

他はビルドストライク/スタービルドストライクと共通ですね。

赤いクリアパーツは、RG&スターシステム発動時には展開するようになっています。

ツッコんじゃいけないとこなのかもしれませんが、RGシステムとかって、どういう原理でガンプラに組み込まれてるんでしょうね?

1期の頃は、ガンプラのフレームにクリアパーツを組み込んで、あとはGPベースへのオラ設定入力だけなんじゃないかと思ってたんですが、2期(トライ)ではユウマが「バーニングバーストシステムを“組み込む”」って名言してましたからねぇ・・・(謎)

ランキング参加中!
←クリックしていただけると励みになります(^^)


execution time : 0.132 sec