ガンダム好き、ファースト世代の出戻り親父モデラーがガンプラをはじめとするプラモデルを製作しています。

  ホーム >> 模型関連ブログ新着記事 >> プラモ初め!ミニプラ・ザンボット3(1)

模型関連ブログ新着記事

  メイン  |  簡易ヘッドライン  

link 坊やだからさ・・・であります! 坊やだからさ・・・であります! (2018/01/15 22:13:30)

feed プラモ初め!ミニプラ・ザンボット3(1) (2018/01/08 16:37:40)
どぉもぉ(^-^)ノ

年末年始、時間はたっぷりあったのですが、非常にまったりと過ごしまして、ガンプラは作りませんでした。
初売りでは、大特価品ではなく通常時と変わらないお値段のを3個ほど買いましたけどね。

その3個というのが、MGのZZガンダムVer.kaと、メカコレ新ヤマトのコスモゼロとアンドロメダ。(写真撮り忘れました・汗)
ZZは初回生産分を買いそびれてたのですが、プレバンで強化型パーツをポチってたので購入。
メカコレの方は・・・

「あ、2202のアンドロメダ出てたんだ!ヤマトは少し後か。あ、コスモゼロ置いてる!珍しー。」

・・・そんな感じで(どんなよ?)

とはいえ、全く何も作らないのもアレだなと後半の3連休に思い直しまして、積み部屋の一番手前にあったこれを引っ張り出してきました。

スーパーミニプラ・ザンボット3です!

4個セットで予約したのに、なぜかセットの外パッケージが付いてなかったんですが・・・
皆さん、イオンネットスーパーで予約するときは要注意です。

まずは1箱目のザンボエースをパチ組み。

全高10cmほどの小さな機体ですが、色分け・可動ともかなり工夫されています。
顔パーツも、目元が塗装済みのものと無塗装のものの2つが同梱されています。今回は素直に塗装済みの方を使用。

素材は「PS」と表記されてますが、ニッパーやナイフ、ヤスリの感触から、ガンプラの通常プラよりやや軟らかく、関節プラに近い素材のようです。
そのためちょっとゲート処理がやり難く、途中からは面倒になって片刃ニッパーでの削ぎ切りまででやめてます(爆)

一応ガムが1粒入ってる食玩扱いですが、なかなかの出来。
これは残りの3箱を作るのが楽しみですねぇ(^_^)

ランキング参加中!
←クリックしていただけると励みになります(^^)


execution time : 0.123 sec